アレルギー


元気だけが取り得だったアンズも2歳を過ぎた頃から体に不調が出るようになりました。

現在はアレルギー症状の痒みに苦しんでいますヽ(`Д´)ノ ウワァァァン

痒がり始めたのは今年の5月頃。

掻き毟りすぎた瞼は毛が抜け落ち、傷が化膿して痛々しいぐらいに腫れ上がり、慌てて病院で診てもらいました。
f0158956_0295530.jpg

その時は瞼だけを痒がっていたので、散歩中などに細菌感染したのかもしれないとのことで、アレルギーとしての疑いは薄い感じでした。

けれどその後、腫れは引いたものの痒みは相変わらず続き、今度は抗アレルギー剤とステロイドを投与しながら様子を見ることに。

薬での治療もむなしく痒みの範囲は広がるばかり。

鼻の横やあご・前足の付け根にまで赤みが広がっていました。・゜・(/Д`)・゜・。うわぁぁぁぁん

その様子からアレルギーを疑われ、先日病院で検査をしていただきました。

検査は採取した血液を検査機関にまわすという非常に簡易的なもの。

それでも92項目ものアレルゲンがわかってしまうんです(*□*)ビックリ!!

検査の結果は以下の通り。

(草・雑草・真菌、カビに関しては知らない名前ばかりなので省略して記載)

●食物●
牛肉・鹿肉・オートミール・コーン・大豆・エンドウ豆・人参・小麦
(8/30項目)

●草●
5/10項目

●雑草●
5/9項目

●樹木●
オリーブ・ブナ・ヒノキ・オーク・クワ
(5/13項目)

●真菌、カビ●
5/11項目

●上皮●
猫毛・マウス上皮
(2/4項目)

●ハウスダスト●
ハウスダスト・ダニ
(2/2項目)

●室内●
匂い菖蒲・ジュート、サイザル麻・タバコの煙
(3/7項目)

●昆虫●
ゴキブリ・蚊・ハエ
(3/3項目)

●ノミ●
ノミ
(1/1項目)

●黄色ブドウ球菌●
0/1項目

●マラセチア●
0/1項目

合計92項目中39項目に該当しました。

ちなみに検査結果リストにはそれぞれ陰性・擬陽性・陽性・強陽性の4段階で表記されていましたが、段階に関しては日記では省略し、該当するものだけを記載しています。

この数字、結構多い方らしい ガガガ━Σ(ll゚ω゚(ll゚д゚ll)゚∀゚ll)━ン!!!

アレルゲンの除去は基本的に食べ物を中心に行うそうです。

でもアンズの場合、1年程前から与えているフードの中に上記のアレルゲンが含まれていないようなので食生活には問題ないとのことでした。

獣医さんの勧めるフードリストの中にもアンズのフードが入っていたので一安心。

植物に関しては、いずれも春~夏にかけて生えるものばかりに該当。

病院からいただいたパンフレットに載っている写真を見たところ、ほとんどが草むらでよく見かけるものばかりで正直驚きました(ー△ー;)エッ、マジ?!!!

拾い食いが激しいアンズは食べたりもしてるし…

この結果から先生が判断するには、食物には問題ないようなのでアンズのアレルギーが発症した時期をみても“植物”に要因があるのでは?とのこと。

つまりは散歩に気をつけなければならないんです。

さすがに春~夏にかけて散歩に連れ出さないなんてことはできないし、そんなことは散歩好きのアンズにしてみたら拷問のようなもの。

私ができることと言えば、草むらにはなるだけ入れないとか、帰宅したら体を拭いて花粉を排除してあげるなどの方法ぐらいなのかな…。

これからの時期は寒さと共に草木も枯れ、乾燥し始めるので少しは痒みが落ち着いてくるとは思いますが、油断せず、常にアンズの体調をみてあげて私なりに気をつけようと思います。

それと、これを機会に十年以上吸い続けたタバコとサヨナラすることを決意しました!

喫煙はアレルゲンに限らず、人間同様ワンの体をも蝕むようで、肺ガンはもちろんのこと鼻の中にポリープができるそうです。

こんなことで愛犬を苦しめるなんて馬鹿な話はないと思います。

禁煙することで、私自身も健やかな体を取り戻す◎~(≧ε≦)yー サラバ…タバコ…

ワンの健康は自分の健康、自分の健康はワンの為

変なスローガンみたいですが(笑)

アンズ共々元気でいたいなぁと思いました。
f0158956_032598.jpg

この笑顔をず~っと見ていたいから、アンズくんを魔のアレルゲンから守ります!!

         アレルゲン攻撃(`д´)ノ>>>>●~***┣o(・ω・。)ガード!!
[PR]

by cavand-f | 2007-10-26 00:34 | 杏(アンズのアレコレ)

<< Winter collecti... 必死 >>